ぷろふぃーる
おすすめ名所
おすすめ作品
江戸っ娘16判定
ぷろふぃーる
生没年月日宝暦元年(1751)~
文政10年(1827)1月29日

出身地草加(埼玉県)

お墓正見寺(東京都中野区)

きゃら冷静沈着

Q.お仙さんといえば明和の三美人の一角ですね。
A.ありがとうございます。お藤さんとおよしさんと…。※1

Q.特徴は?
A.この低い声ですかね。

Q.将来の夢は?
A.お嫁さん。だから本当は早く仕事、辞めたいんです。

Q.今日のファッションのポイントは?
A.木綿の着物でシンプルにまとめました。

Q.特技は?
A.お客さんを"さかす"こと。※2

※1 明和の三美人はお仙のほか、浅草寺内の柳屋お藤,蔦屋お芳。
※2 お客さんを上手くあしらうことを"さかす"といった。ある日茶屋に田舎侍が来てお仙は絡まれた。「お客様と同じお国訛りの御家老様も、うちの店を贔屓にしていただいてますよ(つまりあんまりしつこいとチクりますよ)」と言って軽くいなしたという。
笠森お仙
その人生
  草加の名主の娘として生まれるが、後に谷中感応寺福泉院・笠森稲荷の水茶屋鎰屋(かぎや)五兵衛の養女となり(父親の借金返済の方に売られたともいう説も)、13歳のころから店に出る。17、18歳のころ、人気絵師、鈴木春信の浮世絵のモデルとなって一躍超人気アイドルに。
  それまで浮世絵のモデルといえば、吉原の花魁や歌舞伎役者など、けばけばしく着飾った玄人のスターが主だった。これに対して春信がモデルに抜擢したお仙は、生粋の素人娘。化粧っ気がなく、質素な木綿の着物をさらりとまとい、かいがいしく客の間を行き来している。
  当時の人々には素朴さが逆に新鮮に映ったのだろう。また、吉原や歌舞伎のように大金を使わなくても、お茶を一杯頼めば気軽に本人に会えるのも魅力だった。春信の浮世絵とともに、"笠森お仙"の名はたちまち有名になり、笠森稲荷には江戸中から見物人が殺到した。
  しかし明和7年(1770)、お仙、20歳のとき。人気絶頂のなか、彼女は忽然と姿を消す。お仙目当ての見物人たちは、老いぼれた五兵衛がいるばかりでがっかり。「とんだ茶釜が薬缶に化けた」という言葉が流行った。
  超人気アイドルの突然の失踪劇に世間は騒然となり、さまざまな憶測が飛び交ったが、じつはお仙は、御庭番・倉地政之助と極秘結婚していたのだ。子宝にも恵まれ、77歳で病没した。
© NetAdvance Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.